和歌山(和歌山市)保険相談・保険見直しのプロテック FP(ファイナンシャルプランナー)

和歌山 保険相談 保険見直し

保険相談の予約

プロテック > プロテックとは

プロテックとは

FPが存在し、FPがお手伝いする

FP(ファイナンシャルプランナー)

FPとは

FPとは、ファイナンシャル・プランナー(Financial Planner)またはファイナンシャル・プランニング(Financial Planing)の略で、 ファイナンシャル(お金)のプランナー(計画を立てる人)またはプランニング(計画を立てる事)という意味です。

FPはもともとアメリカで生まれた職業で、家計のホームドクターのような「お金のアドバイザー」です。弁護士や公認会計士とならび大変ステータスの高い職業として広く認知されておりますが、 税理士や弁護士のように独占業務があるわけではありません。従って、FPの仕事は士業の領域を侵さないように、士業の先生方と連携しながら行っていく必要があります。逆にいえば垣根を越えない限りどんなことでもできる仕事といえます。

ところで・・・私たちの身の回りには膨大な種類の金融商品が氾濫しています。それらを販売する金融機関(銀行、保険会社、証券会社、クレジット会社など)は自社商品の販売と顧客の囲い込みに必死!

えっ?「金融商品って何?」と思われた方はいませんか?

例えば、 定期預金・財形貯蓄・旅行積立・百貨店積立(貯蓄商品)、 投資信託・株式投資・国債(投資商品)、簡易保険・生命保険・損害保険・確定拠出年金(保険・年金)、貴金属取引・先物取引(投機商品)、住宅ローン・マイカーローン・消費者金融(ローン商品)、クレジットカードなどなど。 まさに氾濫状態ですね・・・。

さて、あなたは金融商品が欲しいのでしょうか?
金融商品を買いたいのでしょうか?

よーく考えて下さい。実は、金融商品を買ったその向こうにある「お得」や「便利」を買いたいのではないですか? 金融商品は上手に使えば得だったり便利だったりします。 が、目的が不明確な状態で使うと思わぬしっぺ返しをくらいます。

だから、 FPが存在し、FPがお手伝いする。これが当社のミッション(使命)です。

金融商品

上に戻る

ファイナンシャルプランナーという仕事

FP(ファイナンシャルプランナー)は2種類ある

FPだからといって、だれでも相談に乗ってくれるというわけではありません。

実は、 FPと名乗る人は2種類います。
1つ目は「独立系FP」で、 一つの金融機関に在籍せず、それぞれの事情の異なる個々人の相談を有料で行います。 また、クライアントからの要望があれば必要に応じ金融商品選びまでサポートする、職業専門家になります。

2つ目は「企業系・その他のFP」(日本のFP資格保持者のほとんど)で、主に銀行・証券会社・生命保険会社などの企業に在籍して、無料でお客様の相談を受けます。
なぜ無料か? 自社商品販売のための撒き餌です。 当然ですよね。 また、ノルマもありますので、本当にお客様の立場に立って、商品を提案しているとは限りません。中には、金融機関とも無関係な趣味で資格をお持ちの方もいらっしゃいますので、ご注意下さい。

FP資格について

日本FP協会のFP資格
日本FP 協会が認定するFP 資格は、「普通資格」であるAFP(アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナー)資格と、「上級資格」であるCFP®(サーティファイド ファイナンシャル プランナー®)資格があります。
※CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています
[CFP®資格]
世界の23カ国・地域(平成23年2月現在)で認められた世界水準のファイナンシャル・プランニング・サービスを提供できる、プロフェッショナルであることを証明する上級資格です。2年毎の資格更新に所定の継続教育が義務づけられています。国際組織FPSBとのライセンス契約の下に日本FP協会が認定しており、約17,500人(平成23年2月現在)が日本全国で活躍しています。
[AFP資格]
資格更新要件である継続教育により常に知識とスキルを高めている FPに付与される普通資格です。CFP®資格同様、2年毎の資格更新に所定の継続教育が義務付けられており、日本全国で約149,000人(平成23年2月現在)が活躍しています。

FP技能士資格
FP技能士は平成14年4月に職業能力開発促進法に基づき国家資格化された資格です。1級、2級、3級FP技能士の3つの資格があり、それぞれに検定試験があります。日本FP協会では1級、2級のFP技能検定の学科試験と実技試験(資産設計提案業務)を実施しています。
平成23年1月より3級FP技能検定(資産設計提案業務)も実施します。
※ここでは「ファイナンシャル・プランニング技能検定」、「ファイナンシャル・プランニング技能士」を「FP技能検定」「FP技能士」としています。

※詳しくは日本FP協会のサイト

FP資格